»法人様向け

盗聴バスター隊法人様向け

盗聴バスターズ法人様向け 企業における盗聴被害は、産業スパイなどのいわゆるプロといわれる者だけが行う行為から、一般人(社員・顧客含む)へとシフトしています。

それにより、その目的も新製品などの開発情報、取引情報といった重要情報にとどまらず、人事・リストラ情報や言動のチェックなど多岐に渡っています。

また、世の中には盗聴・盗撮マニアと呼ばれる趣味で盗聴盗撮を行う者もいるとされ、直接的な被害だけでなく、施設を利用しているお客様を狙った盗撮行為などにより、結果企業イメージを損なうなどの被害に遭われてしまう事も少なくありません。

現在各企業の情報セキュリティー対策を見ますと、インターネット等のパソコン関連のセキュリティーにある程度の力を入れて対策をされていますが、こと盗聴・盗撮対策はというと非常にお粗末です。

ハッキングと盗聴どちらが簡単か、これは皆さんお分かりでしょう。
にもかかわらず何の対策も施していない企業が いまだに多いのも事実です。

盗聴盗撮に対して、まだ何の対策もされていない企業様には、ぜひリスク管理の一環として盗聴・盗撮調査を行う事をご提案します。

万全なセキュリティーの1つとして、盗聴盗撮のセキュリティチェックを行ってる事は大きな信頼性をアピールする要因となります。

盗聴・盗撮されるケース

法人向けイメージ

  • 新商品開発情報
  • 土地売買等の情報
  • 社員・顧客の個人情報
  • リストラ等の社員管理
  • 女子更衣室・女子トイレ
  • 役員室・会議室
  • 管理職者や役員の自宅等

ホテル業/不動産業の場合

ホテルでの盗聴・盗撮

ホテル業の場合企業の方などがよくホテルの会議室を利用される場合があります。

常にスイートやVIPルーム、会議室から盗聴器盗撮器のない事を確認しておくのは、当然のことです。

ラブホテルの経営者の皆様、面白半分の書き込みに、「あのラブホには盗聴器盗撮カメラがある」なんて書かれてしまいますと、ホテルの存続にもかかわりますよ。

ホテルの信用のために、ご検討ください。

不動産関連の盗聴・盗撮

賃貸住宅等に 盗聴器を設置されているケースもあります。

また、盗撮画像・動画がインターネットに出回ったり、商業目的で撮影し、販売する者もいます。

不動産業の皆様も、管理されている物件の万全なセキュリティーの1つとして、盗撮盗聴のセキュリティチェックを行っていることは、大きな信頼性をアピールする要因となります。

098-951-3737へ、まずはお問合せください!